沼田光機製作所

研究開発Research and Development

届かない所に届く技術

当社は長年培ってきた精密切削技術、旋削技術をベースに、光学部品の開発支援、製造を手掛け、多くの実績を上げて参りました。
その中で、特に切削面の品質についてクライアント様から多く支持を頂いております。これは自社内に有する「工具の再研磨(アレンジ力)」の技術によるものと自負致しております。





創業から現在までの歩み

沼田光機加工サンプル

創業以来半世紀にわたり「光学精密機器部品」の提供を行って参りました。
弊社の製品の特徴としましては、精度の寸法に製品を収めることはもちろんのこと「繊細・挽目」があげられます。
そのため、現在のクライアント様からの案件としましては、光学、精密部品の特徴としての「同軸加工・平行度・真円度」のご要望と併せ、「外観部品」のオーダーも多数頂戴しております。 機械が加工できる最大の精度を追求し、図面に描かれている求められている以上のものを妥協することなく製品に反映させ「過剰品質」と言われる程の高精度をご提供しております。こうした製品は計測・測定の部位にも多く用いられ建築分野等で活用されております。
さらに医療機器・医療器具・映像機器・公的機関・大学等研究機関などさらに広範囲にわたり沼田光機の確かな技術と品質をご提供しております。

ページトップへ戻る