沼田光機の基礎となる技術・研究開発

当社は長年培ってきた精密切削技術、旋削技術をベースに、光学部品の開発、製造を手掛け、多くの実績を上げて参りました。その中で、特に切削面の品質についてクライアント様から多く支持を頂いております。これは自社内に有する「工具の再研磨(アレンジ力)」の技術によるものと自負致しております。
そして、既存技術の深化を図るため、研究機関の研究シーズを基に難削材の加工対応、微細加工、表面粗さなどサブミクロンへの挑戦を致しております。これらの取り組みの一部は「超高精度切削加工からナノ・マイクロへの挑戦!」としてツールエンジニア・われら町工場人に掲載されました。


創業から現在までの歩み

創業以来半世紀にわたり「光学精密機器部品」の提供を行って参りました。
弊社の製品の特徴としましては、精度の寸法に製品を収めることはもちろんのこと「繊細・挽目」があげられます。
そのため、現在のクライアント様からの案件としましては、光学、精密部品の特徴としての「同軸加工・平行度・真円度」のご要望と併せ、「外観部品」のオーダーも多数頂戴しております。
機械が加工できる最大の精度を追求し、図面に描かれている求められている以上のものを妥協することなく製品に反映させ「過剰品質」と言われる程の高精度をご提供しております。
こうした製品は計測・測定の部位にも多く用いられ建築分野等で活用されております。
さらに医療機器・医療器具・映像機器、公的機関・大学等研究機関などさらに広範囲にわたり沼田光機の確かな技術と品質をご提供しております。

沼田の歩み


自社技術に関連した実績・受賞

平成24年度、25年度:板橋産業連合会「ものづくり技術継承事業」修了。

平成26年3月28日:第7回MIRAI国際会議において「テクニカルアワード」(医療器具:吸引し管の開発に適用できる精緻切削技術)受賞。


テクニカルアワード   MIRAI会議   mirai会議


超微細加工への取り組み

26年度東京都の助成事業の採択を受け、弊社で長年培った加工技術と研究機関のシーズを取り入れ、医療・ロボット等に使用される部材について新たな加工方法の研究を開始しております。
  

医療機器・器具開発の取り組み

従来よりの眼鏡測定機器、及び歯科治療機器への部材の提供から一歩進み、
弊社の加工技術の応用として、医療現場のニーズを探索。
25年度日本心臓血管外科学会国際会員の医師との面談から、社内にて吸引し管の改良の研究を開始。
26年度地方独立行政法人 東京都立産業技術研究センター産学公コーディネート事業として「医療現場のユーザー評価」案件に採択、評価まで終了。使い手を考えた完成度と概ね高評価を得る。
27年7月に医療機器製造業登録(登録番号:13BZ200904)。医療現場における沼田光機品質の普及・拡大を目指してさらに一歩前進。現在着々と受注を広げております。
吸引し管試作サンプル



TOPICS

6月24日(水)〜26日(金)
第19回 機械要素技術展 M-Techにカタログコーナー出展致しました。
『ITABASHI Quality 技・質・巧を紡ぐ、板橋区』ブース内 小間番号 東54-34
6月25日(木)11:50より板橋区ブース特設会場にて当社紹介のプレゼン。

M-Tech

nano tech 2015 第14回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議
ドイツ企業ビジネス交流会に参加致しました。

nano tech2015

テクノプラザおかや 2月6日(金)7日(土)
ものづくりフェア2015 板橋区ブースにて技術展示致しました。
第19回機械要素技術展 板橋区ブース カタログ出展致しました。



ページトップへ

沼田光機ロゴ

有限会社沼田光機製作所
〒174-0063
東京都板橋区前野町4-2-1
TEL.03-3960-4701
FAX.03-3960-4753
クリックして詳細地図

フェイスブック
facebook開設しました

MENU

Design by Megapx  Template by s-hoshino.com
Copyright (C) 2015 NUMATAKOUKI. All Rights Reserved.